歯科助手と歯科衛生士のお仕事の内容に違いはある?

歯科助手と歯科衛生士はどう違う?

歯科衛生士と歯科助手の違いとは

歯科衛生士の業務内容は多岐にわたります。 一言で言ってしまえば、虫歯の治療以外の大抵のことは出来ます。 近年では、麻酔も出来るようになってきていますが、まだ歯科医師がそれを認めていないことが多いようです。 確かに、麻酔に関してはかなり慎重にいかないと訴訟問題にもなりかねません。

歯科助手の業務内容は歯科衛生士とかぶるところもある

歯科助手の業務内容は、診療補助も含まれている為歯科衛生士ともかぶるところがあります。 本当は歯科助手の仕事ではなくても、人手不足で歯科衛生士の業務も行わなくてはならない時もあるのが正直なところです。 しかしだからと言って、歯科衛生士と同等というわけではないのです。

役割分担がしっかり出来ている歯科医院

歯科治療は、歯科医師だけで行うものではありません。 一人で出来ると言えば出来るのですが、歯科助手と歯科衛生士を上手く使えている歯科医師は、治療も手際良くより精密な治療が出来ます。 歯科医師一人に診療補助一人ついているところの方が、安心して治療を受けられるのではないかと思います。

歯科衛生士の業務内容は歯科医院によって変わる

歯科衛生士も歯科助手も、歯科に関する専門家であることは変わりはありません。
違いがあるとすれば、「程度」と「資格の有無」だと思います。
「程度」というのは歯科に関する知識の差です。歯科助手も、通信教育などで知識をつけていかなければならないものではありますが、特別な資格は必要ありません。強いて言えば「経験」が物を言う仕事になります。
それに対して歯科衛生士は、きちんとした学校を卒業して国家試験を受け、合格し資格を取得しなければなりません。3年から4年間、歯科衛生士の養成所に通い、その間みっちりと歯科の勉強をしてきた人が歯科衛生士の国家試験を受けることが出来ますが、その業務内容は多岐にわたります。
それに対して歯科助手は、未経験可という求人が多い為、全く歯科知識がなくても働くことは出来る仕事です。しかし誰でも出来るというわけではなく、適正というのはあると思います。
理想は、歯科医師や歯科衛生士の支えになるような歯科助手です。歯科医師や歯科衛生士の仕事がスムーズに進められるように細かいところまで気を配り、先を読みその場に適した動きを瞬時に察して動くことが出来る歯科助手は、どこの歯科医院でも重宝されます。
最初からそこまで出来る歯科助手もそうそういないと思いますが、目指すところはそういう歯科助手になるということだと思います。
歯科助手は、経験さえ積めば、資格を取得したばかりの若い衛生士よりも重宝されることもあります。
ただ、やはり国家資格を持つ歯科衛生士と比べると、業務内容に差があるようです。
歯科衛生士が歯科助手の仕事をすることは出来ますが、歯科助手が歯科衛生士の仕事をすることは出来ないというのが、この2つの一番の違いかもしれめせん。

おすすめリンク

男性にもおすすめ!渋谷駅周辺の医療脱毛

渋谷駅周辺で男性にもおすすめしたい医療脱毛を調べました。男性にも安心なサービスです。

南青山で社会人が通いやすい矯正歯科

仕事をしている社会人が通いやすい特徴を持っている矯正歯科を南青山で見つけました。

稲城市でじっくりと虫歯を治せる歯科

虫歯をきれいに治すのと口腔内の環境を整えるのは一番大切なこと!稲城で虫歯治療を得意とする歯科医院

関市のおすすめ小児眼科クリニック

小児眼科に対応しているクリニックを関市内でいくつか見つけました。お子様におすすめです。

高円寺の歯医者は患者に合わせた治療

痛みに不安を感じている人向け!高円寺にある歯医者は患者のペースに合わせて治療を行います。