>

歯科衛生士と歯科助手の違いとは

歯科衛生士の仕事内容

歯科衛生士の仕事は大きく分けて3つあります。
一つは、歯科診療補助といって、治療の際歯科医師のサポートをする仕事になります。
歯科医師は、麻酔をしたり歯を削ったり、治療に関する全てを行うことが出来ますが、歯を削りながら唾液を吸い込ませたり治療箇所が見えやすいようにライトを合わせたりなど一人で行うのは困難ですので、そういうサポート全般を歯科衛生士が行っているのです。
次に歯科予防処置です。患者さんの口腔内の状態を確認し、必要に応じて器具を使って歯垢や歯石の除去、クリーニングなどを行います。
最後に歯科保健指導です。これは、正しい歯磨きの仕方や年齢に応じた歯や歯茎のケアの仕方について、指導や支援するというような仕事になります。
これら全てを一度に行うわけですが、診療補助に関しては、歯科助手に任せている歯科医院も多いようです。

歯科衛生士の立ち位置

歯科衛生士の立ち位置というのは中々微妙なところにあるといえるかもしれません。
というのも、歯科助手に比べると口腔内に触れる権限はかなり高いのですが、虫歯治療に関することは歯科医師の権限になりますので、歯科医師の指導のもとに出来る範囲で処置をしなければならないからです。
あまり指導力のない歯科医師の元についてしまうと、歯科衛生士としての仕事を存分にすることは出来ません。
歯科衛生士として力を発揮できるかどうかは歯科医師の人格や腕次第ともいるかもしれません。
診療補助しかさせてくれない歯科医師もいますし、歯型を取ったり義歯調整など歯科衛生士の権限で出来る範囲の仕事をさせてくれる歯科医師もいます。
歯科衛生士や歯科助手がコロコロ変わっているような歯科医院だと、あまり待遇も良くないかもしれないので、就活の際はその辺りもよく見ておいた方が良いでしょう。


この記事をシェアする