>

歯科助手の業務内容は歯科衛生士とかぶるところもある

受付は独立しているところが多い

歯科助手の業務内容は、受付や診療補助、器具洗浄など様々ありますが、受付に関しては独立しているところもよく見受けられます。
診療室内で行う業務と受付は別物と捉えている歯科医院もあり、そういう歯科医院は比較的規模が大きいところが多いようです。
しかし、受付と歯科助手と区別されているからと言って受付をするのに歯科知識が全くない状態で出来るほど甘いものではありません。
受付は歯科医院の「顔」とも言える存在です。急患で来られる方や初めて受信される方にとっては一番最初に頼りにされる存在なので、どんな治療をするべきか、症状を聞いて大体理解できるようでなければ患者さんも安心できないと思います。
歯科助手という仕事は、受付からあらゆる雑務まで、幅広い知識が必要な仕事なので、予め勉強して歯科のことを理解してから仕事を始めることをお勧めします。

歯科助手に必要な資格は何か

歯科助手には歯科衛生士のように国家資格は必要ありません。
極端な話、全く予備知識がない状態でも出来るといえば出来る仕事になります。
しかし、それはただ目の前の仕事が出来るというだけで、歯科助手としてはあまり役には立たないでしょう。
歯科助手は、受付も含めて様々な業務をこなさなければなりません。歯科衛生士がいなければ、歯ブラシ指導や歯型取りなどもやっている歯科助手の方もいると思います。
ベテランの歯科助手にもなれば、新人の歯科衛生士よりも仕事は出来るかもしれません。
しかしいくら仕事が出来ても、公的な資格を持たない歯科助手は、歯科医院においては微妙な立ち位置にいるのも確かです。
全ては歯科医師の責任の元に仕事をしている為、ミスがあれば歯科医師の責任になります。
そういう立場が嫌で、歯科衛生士の資格を取るために勉強をして、歯科助手から歯科衛生士になる方も少なくないのではないでしょうか。


この記事をシェアする