>

役割分担がしっかり出来ている歯科医院

歯科助手と歯科衛生士の役割分担をしている

歯科助手と歯科衛生士の仕事内容は、似ているところもありますが、同じではありません。
しかし、人手不足で、患者さんの人数に対して歯科衛生士が足りていない場合、歯科助手がその代わりを一時的にするところもあります。もちろん、歯科衛生士のように歯石除去や虫歯のチェックなどは出来ませんが、経験を積んだ歯科助手と、歯科衛生士の区別はつきづらいので、患者側からすればそれほど違和感はないと思います。
しかし、質の良い歯科医院であれば、歯科衛生士と歯科助手の役割はきちんと分けていますので、制服などできちんと区別されているところは信用して良いと思います。もしくは、受付にスタッフカードが貼ってあり、誰が歯科助手で誰が歯科衛生士か知らせてあるところも安心できます。
歯科助手が歯科衛生士に劣っているというわけではありませんが、線引きをきちんとしているところは教育も行き届いていると考えて良いと思います。

予防に力を入れている歯科医院

歯医者と聞くと虫歯を治すところというイメージが強いと思います。
実際それは間違いではありません。
ただ昔は本当に、痛くなってから歯医者に行くという考え方が主流で、今でもその考え方は根底にあるような気がします。
それでも、今では虫歯にならないように指導をすることに力を入れている歯科医院も増えてきていますので、出来ればそういう歯科医院にかかった方が将来的には良いと思います。
虫歯にならないように、ということは歯の残存率が高くなるということになります。いつまでも自分の歯でものを食べられることは、長寿にもつながります。
入れ歯になると不具合も起きやすく、食事が不快に感じることもあるので段々と食べることに意欲がなくなってくるのです。食べることが不快だと生きる気力も段々と削がれて元気も無くなってきてしまうので、自分の歯でいつまでも食べたいのであれば、予防歯科は欠かせない存在になるのです。



この記事をシェアする